fractal

記事一覧(18)

ひなた仕込み醤油搾りの実演会

身近な調味料である「醤油」ができるまでを見にいらっしゃいませんか?見る機会が滅多にない、槽(ふね)を2つ並べての搾りなので圧巻です!搾り当日でしか絶対に味わえない、生揚げ醤油や、火入れ作業の際に出る灰汁で作るあわ漬けも味わえちゃう。当日はフリーマーケットやきなこ作りなど色々な体験が楽しめる、小原の里の昔まつりも同時開催ですので、是非遊びにいらして下さい。日 時:平成29年2月26日(日)8時半〜16時くらい場 所:小原の郷(緑区小原711-2)駐車場:小原の郷、小原ふれあい広場(小原の郷より徒歩5分)同時開催 小原の里の昔まつり当日の催しもの一覧9-14時  醤油搾りの実演会(雨天決行)10-15時 フリーマーケット(小雨決行)11-14時 竹の行燈作り(参加無料) *3/25(土)に開催される小原宿ライトアップ時に本陣にて点灯11時- きな粉作り体験(参加無料)14時- お抹茶を楽しむ会(参加費300円:お抹茶・お菓子代)14時半-16時 第1回尾久さん展示品説明会(参加無料:テーマ「お面」)醤油搾りとは10ヶ月熟成させたもろみを槽(ふね)に重ね入れ、搾り師が醬油を搾ります。当日搾るのは小麦の醬油と米の醤油の2種類。搾り師は、千木良の「ちーむゴエモン」の高橋さんと「ひなた醤油研究所」の宮﨑さんです。搾りの当日は、もろみにお湯を入れ搾り袋に入れ何十にも重ね最後はジャッキで押して搾ります。搾った醬油は釜に移し、88度まで加熱し火入れ。この時に出る灰汁であわ漬け作り。同時に醬油の搾りかすを袋から出します。この醬油の搾りかすがごちそうです。炒め物に使ったり、漬物の床に入れたり、もちろんそのままで酒のつまみに(笑)火入れした醬油は澱(おり)を沈める為に甕や樽などに移し一週間寝かして醤油の完成です。当日は生揚げ醬油と石山草子農園の石山さんが昨年搾った醬油2種の味見を用意します。

伝統軸組み工法の大工さんに教わる 昔ながらの道具箱づくり体験!

・日時:2017年1月15日(日)13〜16時・会場:古民家つくいもん(相模原市緑区千木良533)・参加料:500円・持ち物:錐(ある方は)、マイ皿、マイ箸、マイコップイベント概要:伝統軸み工法を修行された主水工務店代表・長谷川主水さんによる箱づくりワークショップ。昔ながらの大工さんが持ち運んだ道具箱を地元の材でつくります。道具を入れてもよし、作品などを並べてもよし。イベント出店される方などは、パンやお菓子やアクセサリーを並べてもいいですね。醗酵の郷つくいならではの使い方のご提案としては、麹蓋としてお使いいただくこともできるんですよ!サポートがあれば、小学1年生くらいから作ることができます。手を動かしながら大工道具の話や天平時代から伝わる伝統工法のことなど伺いましょう。毎回大好評の温かいお味噌汁もあります。《参加者様へのお願い》持ち物:食器類の準備がございませんので、マイ皿、マイ箸、マイコップを持参してください。※当イベントでは環境に優しい形での開催を心がけておりますので、ご参加の皆様にはお荷物ですが、食器類のご用意をお願いしています。ゴミの削減にもご協力ください。※古民家の為とても寒いです。防寒着のご用意をお願いします。《古民家つくいもんまでのアクセス》・住所 相模原市緑区千木良(チギラ)533番地中央道相模湖東インターより約7分。圏央道高尾山インターより20分。駐車場有り(台数に限りがあります)申し込み時受付。・電車の場合最寄り駅 JR中央本線相模湖駅からバス10分 赤馬(あこうま)下車徒歩2分。バス2番乗り場 湖28 三ヶ木(みかげ)行きお申し込みは下記リンクのお問い合わせ欄からお願いします。https://goo.gl/forms/STnubtWnnCDwIJko1

『味噌玉作り&大豆の天日干し』WS@古民家つくいもん

幻の大豆と言われる津久井在来大豆。 大豆に関する発酵のお話(味噌・醬油)から収穫したばかりの大豆を天日に干しながらの選別作業、午後からは出来立ての新みそにお湯を注ぐだけで簡単でおいしいみそ汁ができちゃう『味噌玉』を作るワークショップです。味噌玉のお土産付! 
《開催》 日程 2016年12月10日(土) 時間 11時〜15時 場所 古民家つくいもん 相模原市緑区千木良533 参加費 2,000円(発酵ごはん付) 
《参加者様へのお願い》 持ち物:食器類の準備がございませんので、マイ皿、マイ箸、マイコップを持参してください。 ※当イベントでは環境に優しい形での開催を心がけておりますので、ご参加の皆様にはお荷物ですが、食器類のご用意をお願いしています。ゴミの削減にもご協力ください。 ※古民家の為とても寒いです。防寒着のご用意をお願いします。 
マルシェでも大好評の【津久井在来大豆みその販売有り】 (今年2月に自然栽培の津久井在来大豆を使用し仕込んだ出来立てのおみそです) 
《古民家つくいもんまでのアクセス》 ・住所 相模原市緑区千木良(チギラ)533番地中央道相模湖東インターより約7分。圏央道高尾山インターより20分。駐車場有り(台数に限りがあります)申し込み時受付。 ・電車の場合 最寄り駅 JR中央本線相模湖駅からバス10分 赤馬(あこうま)下車徒歩2分。相模湖駅 10:25着 バス2番乗り場 湖28 三ヶ木(みかげ)行き 10:33発 お申し込みは下記リンクのお問い合わせ欄からお願いします。 https://goo.gl/forms/STnubtWnnCDwIJko1発酵の郷つくい 石山 070-6644-2490 

平川友紀さんとワークショップ なぜあのまちに人があつまるの?

醗酵の郷つくいで目指す醗酵とは、食べ物にとどまりません。
 手を動かして育てて醸して、つながって、最後に私たちの郷、つくいがまるごと醗酵してほしいと思うのです。 
見渡せばいま、全国各地でホットに、賑やかに醗酵している地域があるようではありませんか。それで。  greenz.jpほか、様々なメディアで全国各地の現場を取材・発信している藤野在住の「まんぼう」こと平川友紀さんの登場です。 
地元でいつもお目にかかっていながらも、あまりじっくり話を伺ったことはありませんでした。
 
限られた紙面では発信しきれなかったクリップもあるのではないでしょうか・・・各地をずうっと追いかけてきて、大きな目線で見えてきたこともあるのではないでしょうか・・・  スライド上映も含めて東西南北の事例を伺いつつ、 あらためて「つくい」の魅力はなんだろう、と。
ぐうっと眼差しを切り返して、一緒に考えてみませんか。  後半からは、「つくい」で様々な活動を手掛ける「つっちー」こと土屋拓人さんとお二人でトーク。
いつも縁の下の力持ちをおねがいしているので、この日は陽の当たる舞台で夢とリアルを語っていただきましょう。 
平日の午後の開催ですので途中からの参加・早退もOKです。
ありそうでなかった茶話会です。  どうぞお気軽においでください。 

「壺中の天」 全国の醗酵食の写真展とスライド上映・トーク

味噌でも醤油でも酵母でもいいのですが、皆さんは静かに息づく壺を覗き込んだことがありますか? イベントタイトルの「壺中の天」とは、講師の大橋さんのお言葉です。

まさに壺の中には天があります。
覗き込むほどに見上げているような気持になる無限の森羅として。
天はいまここの、そこかしこに在ることを壺は示してくれます。

地上にあまねく天界を全国180か所以上、雑誌「サライ」で7年以上にわたって、くまなく取材してこられたお二人。
写真家の大橋弘さんとフリーライターの陸田幸枝さんによる写真展とスライド上映、そしてトークです。 醗酵食の前には同じ「サライ」で手仕事の取材もされていた黄金コンビですので、奥深いお話が伺えることは間違いありません。 
時流に染まらないゆえの孤崖に果てて、廃業寸前になっていた現場にも、何度となく立ち会われたとか。
既に世を去って久しい手仕事の方々も多くおいでだそうです。 打ち合わせでお話の一端を伺っただけで「これは一日ではもったいない!」と、うわずってしまいました。

それなので、たっぷり二部の構成にしましょう。それでも足りないけれど。
幕間休憩には写真を眺めて、歓談と伝統食のおつまみもあります。
前半だけでも後半だけでも、 おいでください。 
濃厚で芳醇な醗酵世界の広大無辺を。 古代から連綿とつらなる時間の悠久を。 歳末のひととき、贅沢にいただきましょう。 
そうして未来の人たちに何が継いでいけるか、考えましょう。 

里山の森のガイド&木工体験

flyer design:TABIGURA  Illust:のぐちさきこ発酵の郷つくいのイベント、いよいよ源流の森に入ります。
水と森に活かされる青根地域のランドスケープは、丹沢の懐に抱かれて寄り添う謙虚な佇まいが美しい世界です。
棚田や畑を眺めながら歩いていくと、ひきしまるような森の世界の美しさがあります。 今回は、青根に生れ、地域の林業に心血を注いできた「サトウ草木」の代表、草木館のオーナーでもある佐藤好延さん。そして藤野町在住で全国の植生調査を手がけるエキスパートの池竹則夫さんのお二人に、ご一緒に森を案内していただきます。かなり贅沢な森歩きの企画です。11月20日 日曜日 午前11時から午後3時ころまで 会場 青根草木館(あおねそうもくかん)および周辺の森 
〒242-0162 神奈川県相模原市緑区青根1377-1  042-780-8437 
講師 佐藤好延(林業家・サトウ草木代表) 池竹則夫(植物専門家・パーマカルチャー) 費用 高校生以上 一人1500円 小中学生 1000円
(ランチ・おみやげ代金を含みます) 森歩きなので小学生未満のご参加はできません。 草木館に集合し、そこから丹沢の森を歩きます。
講師のお二人に森づくりの仕事や植物のあれこれ、自在に話を聞きながら歩きます。
お昼はおにぎりを用意しますので、気持ちの良いところで食べましょう。
草木館に戻ってから、鳥を呼ぶ「バードコール」をつくります。
おみやげには「森のハーブ」クロモジの蒸留水をどうぞ。

雨の場合でも草木館で森のスライド上映やバードコールづくり、クロモジの蒸留などします。散策路はすぐ前なので、簡単な雨なら雨具で歩けるかもしれません。
時間は同じです。 
持ち物 タオルとメモ。飲み物。
軍手はこちらで用意します。 標高500m近い場所ですので、気温がかなり低いことにご注意ください。  申し込みは予約制です。  お申込みフォーム https://goo.gl/forms/aK1Te6dR5Y64Rv5x2 
アクセスの方法、支払い方法はメールにて返信申し上げます。
駐車場あります。